自衛隊入隊に興味があり、地方協力本部に行った時の話~若き日の思い出~

自衛隊に入隊をする際に必ずお世話になるのが地方協力本部です。

地方協力本部は自衛官のリクルートや広報活動を行っており、
採用に関する様々な資料やアドバイスをもらえる部署です。

この記事では私が地方協力本部に行った時の思い出をまとめています。
私の思い出に激怒しないでください。

自衛隊への入隊について

陸上自衛隊というと「入隊が凄く厳しい」や「入隊の体力テストがある」といったイメージがあるかもしれませんが、そういうわけではありません。
「入隊のハードルはほかの公務員と比べて高くない」のが陸上自衛隊なのです。陸上自衛隊への入隊ルートは実は様々あります。
自衛官候補生、一般曹候補生、幹部候補生など入隊ルートによって試験の難易度や最初の階級や昇任スピード、
その後のキャリアが変わってきますが「自衛官候補生」に限って言えば対策をして勉強をすれば難しくはまったくありません。

簡単な筆記試験と適性試験、面接をクリアすれば入隊が可能です。
入隊試験にあたっては通常の公務員試験と同様に試験出願して試験会場で受ける形になります。



自衛隊の入隊にあたって必ず活用してほしいのが
地方協力本部です。
自衛隊は隊員の募集にあたって「広報官」と呼ばれる人たちが日々募集活動をしています。

彼らは高校や大学に出かけて「自衛官ブース」の開催や、
駐屯地の一般公開にやってくるミリオタに「君は自衛隊に興味あるのカナ?(*^^*)」とナンパ活動をしています。

地方協力本部に所属をする広報官の任務は新隊員の募集であり、
時には甘い言葉で高校生を口説くこともあります。
任務達成にあの手この手を使ってくるのです。

まさに使命感にあふれた自衛官の鏡と言えるでしょう。

私が地方協力本部にいった理由

それは私が高校2年生のときでした。

親戚の集いで陸上自衛官の叔父さんが「防衛大学校は学費タダで小遣いを貰える!将来の幹部候補生!!受験しなさい!」と私に熱く語ってきました。
私は「いやいや~刑務所みたいなところなんでしょ」というと、
「今はもう緩いからそんなことないよ!上下関係も全然厳しくない!しかも女の子にもモテる!」と言ってきたのです。

叔父さんの話をまとめると防衛大学校とは

「学費がタダで小遣いが貰える」
「卒業後は自衛隊のエリート」
「いまはもう上下関係がゆるくなっている」
「女の子にモテる」ということであり
防衛大学校とは「この世の楽園」みたいな場所と知り、私は少し興味が湧きました。


勝ちまくりモテまくりになれるらしい

そして叔父さんから最後に「地方協力本部(地本)行けば詳しく教えて貰えるから行ってきなさい」と言い、
「交通費代と飯代渡すから行ってきなさい」と2千円をくれました。

そして私は数日後に「2千円貰ったし地本に行ってみるかな...」と家から近い地本のオフィスを調べて私は出かけました。
地元の地本のオフィスは繁華街から少し離れた雑居ビルの4階にあり、「サラ金」のオフィスのようでした。

窓ガラスには「陸海空自衛官募集中!!」とA4で一文字ずつ印刷した紙をドアにペタペタ貼っており、
私は「怪しいから帰ろうかな...」とその時は思いました。

しかし2千円を貰っている手前「地本のオフィスが怪しかったら帰ってきた」は通用しないので、
すぐに扉が閉まるオンボロのエレベーターに乗り込んでビルの4階まで行ってオフィスを訪問しました。

甘い言葉で誘ってくるゾ

エレベーターから降りてオフィスの入り口を開けると陸海空の広報官が3名いたのですが、彼らはちょうど暇そうにしており、扉を開けた私のほうへ全員向きました。

そして一番若い陸上自衛官の人が目をキラキラさせながら「こんにちは!!よく来たね!!ささ、こちらへどうぞ!!自衛隊興味あるの!?とりあえず座ってコーヒー飲んでよ!」と私を奥の席に通しました。私は謎のフレンドリーさに戸惑いながらも、席に座ってコーヒーを貰うと「いま何年生?」「どうして今日はきたの?」と矢継ぎ早に質問をしてきました。

自衛官の男の子のイラスト(将来の夢)

私はそこで「防衛大学校の受験を考えているのですが...」と言ったところ「防衛大学校!すごい!!君は賢いね!絶対受かるようにサポートするね」と言われ、怒涛の如くにパンフレットやクリアファイルを渡されました。そして「防衛大学校は月に10万ぐらいのお小遣いがもらえて学費タダだよ~」や「卒業後は幹部候補生だから将来安泰だよ~」と甘い言葉をひたすら囁かれるのです。地本の広報は「自衛官を採用する」というミッションがあるため、驚くぐらい優しく「自衛隊はこの世の天国」といった感じで説得をしてくるのです。

また地本に行くと「防衛大学校学生の一日」や「新隊員の一日」といった内容の動画を見せてくれます。
その動画は広報用に作られているので「ゆるやか~な一日」が映されており、
「割と楽勝だな」と学生達を思わせるのです。

怪しい求人広告のイラスト

こうしたビデオ見ることで「自衛隊はお金貯まるし、安定している!カッコいいから最高!」となっていくのです。
まさにプロパガンダビデオと言えるでしょう。

そしてビデオの後も
「自衛隊は思っているよりも厳しくはない」
「お金は貯まる」
「防大を卒業すればこのオフィスにいる自分たちよりも偉くなる」
「戦闘機やヘリコプターのパイロットにもなれる」
「女の子にもモテる」という話をさんざんさせられ、

私は帰るときには「よ~し!防衛大学校を第一志望で!」と意気揚々に帰りました。
これが防衛大学校に受験を決めたきっかけでした。

入隊理由はなんでも良い

上記の内容を読んで「そんな理由で自衛隊に入隊するなんてけしからん!」と思われる方もいらっしゃると思うと思いますが、
自衛隊への入隊理由は実は人によってバラバラです。

もちろん愛国心に燃えて「俺が国を守らなくては...」と入隊してくる若者もいますが、正直そんなにいません。
「運動しながらお金もらえるから」
「振られた女の子に見返したくて...」
「家にお金がなくて...」
「面白そうだから」
「外国に行ってみたいから」
「災害派遣で活躍したいから」など理由は様々です。

昭和の入隊理由としては「警察に鑑別所か自衛隊か選べと言われたから」「パチンコで学費全部すっちゃったから」などもあります。



正直な話でいえば「国を守る気持ち」「誰かのために命を張る」という気持ちは入隊してから持てばいいのです。
ですから入隊前はちゃらんぽらんでもまったく問題ありません(柔軟性がある人のほうが上手くいくケースもあります)
入隊理由がなんであれ入隊試験を合格し、その後の訓練で立派になればよいのが自衛隊なのです。

まとめ

特にやりたいことが決まっていなくて、自衛隊に興味ある人は地方協力本部に行きましょう。

自衛隊は昔はゆるかったけど、今は楽勝だし、お金も貯まるし、飯も上手いから最高だよ。
女の子にもモテモテになるし、マイホーム・マイカーもすぐモテるよ。

そして、ちゃんと地方協力本部のおじさんに「ぱやぱやさんのブログ見てきました(*^^*)」って言うんだよ。
約束だよ。ふふふ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。