防大・自衛隊の思い出をつづります。

地獄にいると心が乾く、陸上自衛隊幹部候補生学校⑥

出典元(防衛省HPより引用)

自衛隊の幹部(士官)は防衛大卒ばかりではない。医官(MD課程)看護官(NB課程)、定年前の陸曹長(SLC課程)も幹部として任官をする。彼らが組織から求められるスキルや経験が一般幹部とは異なるため、教育課程もそれに沿った形となる。今回はそんなMD課程とSLC課程について書いていこう。※幹部候補生も制度変更が結構あるので情報が古い可能性あります。詳しくは防衛省HPを確認ください。

バックナンバーは上記からどうぞ。

1.かしこいMD課程

MD課程とは医官になる幹部候補生を指す。厳密にいえばMは「医師」Dが「歯科」となる。自衛隊に所属する医官は幹部階級(尉官以上)と定められているので、彼らも地獄の久留米にやってくる。しかし彼らは衛生科に属する軍医であり、機関銃を撃つことも防御陣地を構築することもない。2ヶ月間ほどの期間で小銃射撃や行軍などの基礎訓練を行い、研修医として各自衛隊病院に配属される。M課程(医師)については防衛医大出身者が大抵だが、一般大の医学部出身者も実は入隊可能であり、D課程(歯科医)については防衛医大には課程がないので一般大出身者のみで構成される。

彼らの特徴はなんと言っても「医学知識がある」&「IQが高い」ということが挙げられる。医学知識があるので訓練中の怪我も診断をして「これは軽度の打撲で~」や「〇〇候補生は微熱と喉の痛み、リンパの腫れが~」と教官に報告するため、教官も「おぉ...そうか!」とタジタジになる。しかし稀に「なんで俺は医者なのにこんなことやってるんだよ...」と斜に構えた候補生もいるので、隊舎の前で教官が激烈指導をしている姿も見る。

また彼らはIQが高いが故にギャグセンスも独特であり、MD課程の余興はだいたいスベる。インテリが好きな皮肉交じりのジョークや微妙な冗談は陸上自衛隊にはあまりマッチをしないので、そこは仕方がないのかもしれない。

医官は駐屯地外来だけではなく、野外病院や海外派遣、医学研究など活躍のフィールドが多いのでまさに自衛隊にとっても貴重な「お医者さま」であることは間違いないだろう。

医官も戦闘訓練は行う 出典元:幹部候補生学校Twitter(https://twitter.com/JGSDF_OCS/status/1254687994339942401/photo/1)


2.心のオアシスのND課程

つぎに紹介するのはND(看護官)課程だ。看護官も幹部任官にあたっては幹部候補生学校へやってくる。実は陸上自衛隊で看護官になるのは様々なコースや階級があり、看護官の制度も昔と大きく変わっているので曖昧さはご容赦いただきたい。看護官の候補生の特徴はなんと言っても「女性が多い」ことにある。もちろん戦闘訓練なども行うがノリは「女子バレー部」みたいな感じだ。陸曹教育隊の女性候補生や部内課程の女性候補生と比べると「女の子たちが健気に訓練頑張ってる!」という印象を受けるのがND課程だ。

しかし彼女たちMD課程も「戦闘行動」が主任務ではなく、「戦場の後方地域で治療にあたる」ということが主任務の一つなのだ。また自衛隊病院は毒ガスや細菌テロ発生時の受け入れ場所となっているので、通常の看護師よりも遥かに危険な任務を強いられることが多い。看護官は小銃を持って戦うことは少ないが、危険なことに耐えうる精神力を鍛える必要があるので、幹部候補生学校に入隊するという側面もある。なお自衛隊の看護師は迷彩服を着ない「文官採用」もあるので「自衛隊好きだけど厳しい訓練は・・・」という人はそちらに応募をしてほしい。

なお男だらけの幹部候補生学校に看護官がくると「うぉ~!!女性だぁ!!」と謎の盛り上がりを見せる。しかし学校側も不届きなことが起きないように規制を設ける。「ND課程の隊舎を見るの禁止!」「食堂でND課程をジロジロ見るの禁止!」など「女性をみるのは厳禁」という規則があった薩摩藩の青年武士教育を彷彿させるような指導を受ける。また部内幹部課程はND課程との懇親会の際に「お前ら絶対に連絡先を交換するなよ!合コンじゃねえぞ!!」と教官から釘を刺されると聞いた。ストレスフルで男だらけの環境だとND課程の彼女たちを「ちらっ」と見るだけで心のオアシスになるのだ。

だが女性が多いND課程も4~6月(2ヶ月)ほどで卒業してしまうので、心のオアシス期間は非常に短い。残された候補生に待ち受けるのは久留米の梅雨と生乾きの洗濯物だ。効きの弱い乾燥室で戦闘服は少し湿っている。湿った戦闘服では心まで潤せない。

出典元:幹部候補生学校Twitter(https://twitter.com/JGSDF_OCS/status/1254687994339942401/photo/1)

3.おじさんたちが頑張るSLC課程

SLC課程は入校の時点で「36歳以上50歳未満の准尉または曹長」が対象の教育課程である。SLC課程は職種によっては「職種学校」で行われるケースが多いが、一部の候補生は幹部候補生学校に入校する。彼らの特徴は「酸いも甘いも知り尽くしたベテラン」であり「現場のことは教官よりも知っている」ことが多い。また経験が豊富で仕事にプライドをもっているので「俺はこう!」「いや!それじゃ駄目だ!こうだ!」とよく議論を繰り返す。「現場最高、司令部はクソ。死ぬなら戦場の上がいい」みたいなタイプが多く、名作ハートブレイク・リッジの「トム・ハイウェイ」みたいな人も多い。

空挺団などに多いタイプ 出典元:ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場

しかし年齢層が高いので「腰がいたい」「老眼で小さい文字がみえない」など、他の候補性では見られない老化現象についてもよく語る。それ故にSLC幹部は「スーパー・ロートル幹部」とよく冗談で言われる。だがSLC課程を出た3尉はこれまでの経験から、現場調整力は抜群で体力面を除けば一番頼りになる小隊長と言えるだろう。

さいごに

陸上自衛隊の幹部候補生学校には様々な課程の候補生がいます。そして鍛えられ、日本の防衛を支えているのです。
なお幹部候補生学校には「心のふるさと」という石碑があるのですが教育中は「頼むから魂までは縛らないでくれよ」と思いました。いまは良い思い出ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です